読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とちぎ本活くらぶ~栃木の「ビブリオバトル」を推進する会です

「ビブリオバトル」を栃木県内(宇都宮市)で開催している「とちぎ本活くらぶ」のブログです。

7月17日・鹿沼大会の会場書店「興文堂」を紹介します

いよいよあさって、7/17の午後1時半から開催する、とちぎ本活くらぶ主催の「ビブリオバトル鹿沼大会」です。

過去の記事に大会概要や
日時、場所、近所のみどころなど
書いていますので
参考にしてください



本日は、会場となる興文堂さんを紹介します。

住所は
ブックマート興文堂, 〒322-0044 栃木県鹿沼市鳥居跡町1008

建物の外見

f:id:tochigihonkatsu:20160715135022j:plainf:id:tochigihonkatsu:20160715135047j:plain

とにかく、いらっしゃる方は場所がわかるかが心配なのですが、日光例幣使街道からみた風景。
看板わかりますね。
前の記事でも書いたように、駐車場はここの反対側、店の裏口側にあるので注意を。他の駐車場もあります。



f:id:tochigihonkatsu:20160715135103j:plain
会場を貸してくださるご店主。「本を棚に並べるのが、腰が痛くて大変」と仰りつつ、個性的な品ぞろえに定評のある書店をやってらっしゃいます。
今回はありがとうございます。



f:id:tochigihonkatsu:20160715135114j:plainf:id:tochigihonkatsu:20160715135129j:plainf:id:tochigihonkatsu:20160715135433j:plain
この本のチョイス、並べ方…これが「ほほう」と思わせるものがありますね
分かる人にはわかる感じ。
アマゾンや大書店に対抗するには、ここに個性を出すことが重要かも?



f:id:tochigihonkatsu:20160715135201j:plainf:id:tochigihonkatsu:20160715135216j:plain
地元のアーティストの作品なども、店内にはあります。
そして会場は建物三階、「さんえふ」ホール(そのまんまやがな)。

実は音楽関係の催し&店主の趣味の関係で楽器アリ。この前、ここの商店街の「100円セール」に参加したときは「100円でドラム叩き放題」を販売(誰がやるのかって? 私やりました!)。

長椅子がありますので、観戦者も発表者も座れるでしょう。




f:id:tochigihonkatsu:20160715135227j:plainf:id:tochigihonkatsu:20160715135239j:plainf:id:tochigihonkatsu:20160715135250j:plain
天気次第ですが、屋上にもあがれます。そこではいま、地元のアーティストによる「インタレーション」を展示中。
何気ないものが、置かれると何かの意味を感じさせます……


また、そこから四方を見るとけっこう眺めがいい! 西には、鹿沼のちょっとこ高い丘「富士山(ふじやま)公園」があるのです。
興味ある人は足を延ばすのもいいかも?(頂上近くまで車でいけます)


南にはココスがあります。腹ごしらえも可能。


では当日、よろしくお願いします!!


何人か、くらぶ外の人の参加も予定されています。