読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とちぎ本活くらぶ~栃木の「ビブリオバトル」を推進する会です

「ビブリオバトル」を栃木県内(宇都宮市)で開催している「とちぎ本活くらぶ」のブログです。

栃木県内の図書館で、ビブリオバトルが活発化しています/12/18 最後の定例会

河内図書館 1/8「親子ビブリオバトル」。


12/3(土)に、説明会・予行練習が行われます。


中央図書館で11/13、高校生が企画運営し開催

8人が参加し、ロビーをつかって活発なプレゼンテーションが行われました。



足利市図書館で初のビブリオバトル

新聞での報道で読んだ限りですが、「図書館まつり」の一環として初開催されたとのこと。

こちらに告知記事がありましたね
www.city.ashikaga.tochigi.jp


県南にも、ビブリオが定期的に行われる拠点ができればおもしろいですね。


栃木県の行事として、12/11に高校生ビブリオ

栃木県/全国高等学校ビブリオバトル2016 栃木県大会を開催します

ちょっと張ってみましょう

全国高等学校ビブリオバトル2016 栃木県大会を開催します
本県では、平成26年3月に策定した「栃木県子どもの読書活動推進計画(第三期)」に基づく高校生読書活動推進事業において、高校生、大学生世代の中から読書の意義や楽しみを伝える読書活動推進リーダー「読書コンシェルジュ」を育成し、同世代への働きかけを促す取組を展開しています。
近年、読書の楽しみを共有する手法として関心を集めているビブリオバトルにより、子どもたちの読書を通じた交流と自主的・自発的な読書活動の推進を図るため、読書コンシェルジュの企画・運営による高校生読書交流会を兼ねて、全国高等学校ビブリオバトル2016 栃木県大会を開催します。

主催
栃木県教育委員会
実施日(期間)
2016年12月11日(日曜日)
12時30分から16時30分まで (受付:11時30分から)
場所
栃木県庁 東館4階講堂ほか (宇都宮市塙田1-1-20)
(身障者用の駐車場あり、身障者用のトイレあり、オストメイト対応トイレあり)
対象(資格等)
(1) 発表者(バトラー) 県内の高校生、中等教育学校生(4~6学年)、高専生(1~3学年) 40名程度(各校代表1名)
(2) 観戦者 県内高等学校や中学校の生徒・保護者・教職員、図書館等の関係機関職員、学校・図書館等で活動する子どもの読書ボランティア 200名程度(先着順)
・以上に該当しない一般の方の観戦はお受けしておりません。
・観戦者は、予選及び決勝戦での投票に参加していただきます。

参加者資格がちょっと限られていて、本当に一般の人の参加はできないというのは残念ですが……



なんにせよ、実に数が増え、活発化してきたようにも見えます!!



そして本活くらぶも2016年最後の定例会

122/18、午後1時半、宇都宮南図書館での開催…となるはずです。